【キャバ嬢が活用すべきソーシャルって、どれ?】インスタだけに力を入れてて本当に大丈夫なのか!?

 

(Date written : 2018-2-20)

 

抑えぎみに食事をしてるのに肥えてしまう

Club Diaryの川野です( ˙-˙ )

 

今日はキャバ嬢・ホステスの『露出』について考えてみたいと思います。

お胸の谷間を見せるとか
そんなんじゃないですよ!(*゚ー゚*)

 

メディア露出の話しで、今回はSNSに絞ったお話しをします。

仕事のためにSNSやブログを活用しているキャバ嬢・ホステスの人は多いと思います。

 

ソーシャルを活用する目的

 

僕もSNSは仕事でもプライベートでも利用しています。
一番使っているのはFacebookです。

次に利用しているのが、LINEのタイムライン投稿でしょうか。たまにですけどね。

TwitterInstagramは、ほぼアカウントを持っているという程度でアクティブではありません。

で、利用していて感じるのですが、
Facebookのアカウントを持っているキャバ嬢さんって、他のSNSに比べると少ない気がするんですよね。

或いは、アカウントを持っているものの仕事のための投稿をしていないなど、プライベート用だったり、ただアカウントを持っているだけで動かしてないという人が多い気がします。

Twitterですと、キャバ嬢らしきアカウントを見る機会が多いんですけども、、、

仕事の愚痴を言っているだけだったり、在籍店や源氏名を出さずに利用していて、仕事のために活用しているわけではないアカウントも多いのではないかと…。

となると、多くのキャバ嬢さんが仕事のために活用して力を入れているのは、今はインスタになるんですかね?
僕が利用してても、そんな気がしてます。

女子に流行っているSNSですしね。

インスタで仕事中の自分の写真や、出かけたときのプライベート写真をインスタに載せている人も多いのではないでしょうか??

では、そもそも水商売でソーシャルを活用するのは何のためでしょうか。

大きな目的はこの2つですよね。

 

水商売がSNSを使う目的
①新規客を獲得するため

②既存の顧客と、連絡以外でも繋がりコミュニケーションをとるため

 

これはブログでも同じことが言えます。

この目的のうち【新規獲得】のためには、はたしてインスタに力を入れているだけで良いのかな??
と疑問に思ってしまうのが僕の意見なんです。

もちろんインスタも使っていたほうが良いと思います。
ですが、、、

 

水商売に薦めたいSNS
①の【新規獲得】のためには、Facebookを。

②の【顧客との繋がり】にはFacebookLINEを。

 

この2つを強化したほうが良いと思っています。

 

LINEのタイムラインを活用すべき理由は、そんなに説明はいらないと思います。

●利用者が多いから

●お客様との連絡手段にLINEを使うことが多くなっているから。
(すなわち顧客に投稿を見てもらいやすいから)

 

そしてFacebookの場合はというと、①にも②にも、両方の目的に活用できます。

面識のない男性に見付けてもらって集客することにも役立つし、既存のお客様と繋がってコミュニケーションをとることも出来ます。

「それならインスタだって同じじゃん!」って思いますよね。
たしかに同じです。

ですが、これから説明していくことが理由で、インスタよりFacebookに力を入れて活用することをお薦めしたいのです。

 

水商売にFacebookを薦める理由

 

(総理いるよね??ww ↑)

 

FB(Facebook)を活用すべき理由
-その1-

 

【連携できるから網は広げた方がいい】

知っている人は多いと思いますが、インスタで投稿するときに、同時にFBにも簡単に投稿できます。

網は大きく広げておいたほうがいいのでやっておくべきです。

手間がかかるならまだしも、一度の簡単な操作の設定で行えるのですから、僕からすると何故インスタだけでFBをやらない人がいるか不思議です。

 

InstagramとFacebookの連携

 icon-hand-o-up 設定のところにいって、
「リンク済みアカウント」をタップ

 

InstagramとFacebookの連携

  「Facebook」をタップ。

 

 icon-hand-o-up これで完了だぃ!

 

これで今後は、インスタで投稿したことがFBのタイムラインにも自動で投稿されます。

ちなみにTwitterなども連携できるので、1つの投稿を一石何鳥にもして、新規客を捕まえる網を広げるといいでしょう!

 

FBを活用すべき理由
-その2-

 

【利用者数と年齢層が魅力的】

総務省が作成の調査報告書の、 icon-share-square-o 「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」 (2017年7月発表)をもとに説明します。
また、とても見やすいグラフだったので、グラフの画像は全て  icon-share-square-o 「アプリ部」https://appbu.jp/share-of-social-media より画像を引用して使わせていただいてます。

 

次のグラフは、国内での各SNSの利用率です。

 

 

LINEとYouTubeの利用者が多いことは、ちょっと外して考えましょう。

繋がりやコミュニケーションというよりは、「連絡」と「動画閲覧」という用途の利用者が多いからです。

Facebook、Twitter、Google+、Instagram だけを比べてみると、やはりFacebookの利用者が多い。

インスタはというと、元々は女性の方が圧倒的に利用者が多かったようですが、最近は男性も多くなっているようです。
それは、FacebookがInstagramを買収したことが一番の要因かもしれません。

Facebookを使っている男性に、インスタの存在が気付かれやすくなった、ということです。

僕もその一人でして、先ほど説明した『インスタと連携した友達の投稿』をFBで見る機会が増えたことで、とりあえずアカウントを作るだけ作っておこうという気になったのです。

しかしFBの利用者数の多さだけが、利用を薦める理由ではありません。
むしろ次のことの方が肝心。

それは、あなたは「どの年齢層を客層にしたいか?」という点です。

もちろんあらゆる年齢層を顧客にできる方が良いでしょう。
でも、あなたにメリットがある可能性の高い年齢層は、どの層でしょうか?

10代や20代の若い層でしょうか?
それとも30代や40代
それとも50代や60代以上でしょうか?

僕がキャバ嬢ならば、確実に10代20代より上の年齢層を多く獲得したいと思うはずです。

理由は簡単。
次のような客層である確率が高くなると思うからです。

経済的に安定している人である

出世や起業で収入が高い人である

飲み慣れている人である

 

もちろん若い年齢でも出世してたり、起業で成功してお金を多くもっている人もいます。
飲み慣れてて、マナーを分かっている人もいるでしょう。

ですがこれは確率や数の話しです。
年齢を重ねている人の方が、上記のような男性である確率が高く、人数も多いと思いますよね。

だから僕がキャバ嬢ならば、若い層ではなく、だいたい40代より上の男性にアプローチしたいと思うはずなのです。

これをふまえて、またまた総務省発表のデータを見てください。

 

Facebook
 
国内の、年代別Facebook利用者の割合です。
 

facebookの利用者数グラフ

 

20代の利用が多いことに加え、30代40代が多いのが特徴。
「僕がキャバ嬢なら狙う年齢」が多くいるということです。

20代・30代・40代をまんべんなく網羅しています。

また、50代や60代の利用者も増加傾向とのことなので、今後に期待できます!
増えている理由は、その年代のスマホ普及率が増えたことで、FB利用者が増えてきているとも言われています。

 

Twitter

Twitterの年代別利用者数のグラフ

 

Facebookと明らかに違いますよね!
10代は上がったけど、30代以降はガクッと利用者が少ない状態です。

若い客層だけが欲しいのなら適しているSNS、と言えるのかもしれません。

 

Instagram

Instagramの年代別利用者数のグラフ

 

Twitterよりは、30代だけが少し多い感じでしょうかね。
10代は多少下がっている感じ。
ですがほとんどTwitterと変わらない、似た結果です。

これまた「僕がキャバ嬢なら狙う年齢(40代以上)」が少ないということです。

40代以上の客層を持たなくてもいいと思うなら、インスタだけでも良いといった感じですね。

 

まとめると、インスタもTwitterも、Facebookと比べると40~60代の利用がガクッと下がっているという結果です。

せっかく何かしらを投稿しているのに、Facebookを省いてしまうだけで、収入が安定していそうな層を多く取りこぼしていることになってしまいます。

どーせSNSを仕事に使っているなら、FBも加えて投稿することをおススメめします。

 

FBを活用すべき理由
-その3-

 

【拡散されるから】

インスタでは、知らない人にあなたの投稿を見てもらうには主にハッシュタグが命ですよね。

♡型のいいねボタンを押してもらっても、単にそれだけです。「いいね!」という評価をされただけ。

ですがFacebookなら「いいね!」や「シェア」を押されることで拡散されます。

僕があなたの投稿に「いいね!」や「シェア」をしたら、あなたの投稿は僕の友達にも表示されます。

そして更に、僕の友達があなたのその投稿を見てシェアしてくれたとしたら、その人の友達にもまた拡散される可能性があるのです。

例えば僕のFB友達は約200人。
あなたの投稿をシェアすると、投稿は200人に回るということ。

そして投稿が回った200人中の一人だけがシェアをしてくれた、、、
その人の繋がりは300人だった、、、
するとまた、プラス300人にあなたの投稿が回るかもしれません。

たったこれだけの例えでも、
「僕の友達200人」+「僕の友達の友達300人」=500人に投稿が回る可能性があるということです。

 

 icon-lightbulb-o こーやってあなたの投稿を偶然に見た男性が、あなたに会いたいと思うかもしれない!

 icon-lightbulb-o そして地域が近ければ更に来店の可能性が広がる!

 icon-lightbulb-o 覚えていたら出張の際に顔を出してくれるかも!

 

この”可能性”に対して、マメに力を入れてほしいのです。

店に来てくれる確率はけして高くないかもしれません。

でも、どーせインスタに投稿しているなら、たいして余計な手間がかかるわけでもないのでFBにもその投稿を流すべきです。

見てくれた人が経済的に裕福な男性だったら、ラッキーじゃないですか!

現にFBは、ビジネス繋がりでも使われやすいSNSです。

他社と他社の人が商談や会議で知り合って、SNSでも繋がるというパターンにはFBがよく使われています。
僕も現在、実際にその様な経験を多くしています。

他社様の人と知り合ったときに、
「Twitterやってますか?是非繋がりましょう!」
「インスタやってますか?是非繋がりましょう!」

となったことは一度もありません。

「川野さん、Facebookやってますか?」という展開にしかなったことしかないのです。

男性がビジネス繋がりするSNSは、今のところはほとんどFacebookだと思います。

ですからあなたの投稿が、大きな企業の重役の男性や、起業家のお金持ちにたどり着く可能性もある!ということです。
僕自体も成功していらっしゃる社長さんや、大きい企業に勤めている方と繋がっています。

何が起こるか分からないので、必ずFBにも投稿しておきましょう!

 

FBを活用すべき理由
-その4-

 

【身分を明らかにしている】

Facebookは、本名でアカウントを作ることが原則です。

そして一人に1つのアカウントという特徴もあります。

そしてFacebookという名だけに、顔写真を載せるのが一応ルールです。

 

その通りに利用していない人はもちろん存在しますが、多くの人はそのルール通りに利用しています。

そんな特徴があるので、勤務先やビジネスの内容をプロフィールに載せている人も多い。

そんな、現実に近いリアルさがあるから、ビジネス繋がりで使われることが多くなるのでしょう。

 

いわゆるこれって、身分を明らかにしている人がほとんどだということです。

あなたのお店に来たお客様で、
名刺をきれる人と、
名刺を出すのを拒む人なら、
どちらが安心して顧客にできますか?

どちらとなら安心してアフターや同伴をできますか?

SNS上でも同じではないでしょうか。
身分が明らかな人を集めたほうがいいにきまってます。

Twitterも拡散されるのでメリットなのですが、本名で登録していない人も多いですし、身分が明らかではないこともほとんどです。
てことは、こちらにとって面倒なコメントが簡単に言えてしまう、というデメリットがあります。

 

これでFacebookを活用する良さは、少しは感じてもらえたと思います。

今までアカウントを持っていなかったり、持っていても活用していなかった人は、すぐに始めましょうよ!

ね!ねっ!(*^^*)

 

チャットやダイレクトメッセージで、うっとおしいメッセージを送ってくる人もいるし、、、
 
現実に繋がっている友達や家族などに、水商売をやっていることがバレたくなかったり、、、
 
そんなことが理由で、仕事のためにソーシャルを活用しにくい人も多いかもしれませんね。
 
 
僕の場合は、プライベート用とホスト用の、2つのアカウントを持って使い分けていましたよ!
 
今までは原則1人1アカウントだったFacebookも、最近は仕事用と分けて2つのアカウントを持つことも許してくれているっぽいです。
詳しく調べていないので保障できませんよ!
 
でも最近気付いたんですが、一台のスマホで2つのアカウントを簡単に切り替えられるように変わっているんですよね、、、
そう、いまだに僕は2つのアカウントを持っています(´∀`*)

 

Takeshi Kawano.

 

 follow me

 

 

キャバ嬢・ホステスの手帳「Club Diary(クラブダイアリー)」

キャバ嬢・ホステスの手帳
Club Diary

名刺も入れられて
顧客情報をうめるだけ♪
(活用術のプレゼント付きで安心)

 

 

 

 

 


水商売の参考書 キャバ嬢の指名に関する記事まとめ 水商売の参考書 キャバ嬢の営業に関する記事まとめ 水商売の参考書 キャバ嬢の接客に関する記事まとめ 水商売の参考書 キャバ嬢の記録に関する記事まとめ 水商売の参考書 キャバ嬢の思考や心得に関する記事まとめ

遠方の指名客で自動的に価値を上げる方法 その接客で多くのキャバクラ嬢が損してる
previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider

(投稿日:2018年02月20日)

【Team Omizu Book】クラブダイアリーのキャバ嬢・ホステスの通信講座 メルマガ登録はこちら
↑僕からのプレゼントがあります!!↑

30Days 人気記事TOP10

【特別レポート】失敗するキャバ嬢が間違えること|仕事の方法を追い求める人への警告
【特別レポート】失敗するキャバ嬢が間違えること|仕事の方法を追い求める人への警告

2018/01/12 に投稿された

【会話が苦手なキャバ嬢…】会話で悩む人が多い水商売!でも 話し下手な人だって「会話」を理解すれば大丈夫!
【会話が苦手なキャバ嬢…】会話で悩む人が多い水商売!でも 話し下手な人だって「会話」を理解すれば大丈夫!

2015/01/27 に投稿された

誕生日「呼ぼうとしすぎ」ていませんか?キャバ嬢がバースデー営業で心得ること
誕生日「呼ぼうとしすぎ」ていませんか?キャバ嬢がバースデー営業で心得ること

2015/12/21 に投稿された

【会話が苦手なキャバ嬢…[続:2話]】 接客は「話す」のではない。「会話」をするのです。
【会話が苦手なキャバ嬢…[続:2話]】 接客は「話す」のではない。「会話」をするのです。

2015/02/02 に投稿された

お客様が「指名したくなる」&「キャバ嬢にハマる」 絶好のタイミングを知ろう
お客様が「指名したくなる」&「キャバ嬢にハマる」 絶好のタイミングを知ろう

2018/06/28 に投稿された

【こんな投稿型のラインやメールを送っていませんか?】呼べるキャバ嬢の営業連絡は自己アピール10%以下
【こんな投稿型のラインやメールを送っていませんか?】呼べるキャバ嬢の営業連絡は自己アピール10%以下

2017/02/16 に投稿された

【枕営業ってダメなこと??】キャバ嬢の枕営業について真剣に語ってみたよ
【枕営業ってダメなこと??】キャバ嬢の枕営業について真剣に語ってみたよ

2015/07/05 に投稿された

【希少価値を上げる指名客の呼び方】 どうせ呼ぶならあなたの価値をあげながら集客を!※誘い方ではないです
【希少価値を上げる指名客の呼び方】 どうせ呼ぶならあなたの価値をあげながら集客を!※誘い方ではないです

2016/05/11 に投稿された

【指名が取れないキャバ嬢はお客様のあの欲求を満たせ!】知りたがりキャバ嬢が売れる理由
【指名が取れないキャバ嬢はお客様のあの欲求を満たせ!】知りたがりキャバ嬢が売れる理由

2017/12/04 に投稿された

【店外デートに誘われるのが嫌…】 本指名が入って間もないのに…
【店外デートに誘われるのが嫌…】 本指名が入って間もないのに…

2016/04/01 に投稿された

こんなことやってる人!

キャバ嬢専用手帳 Club Diary
キャバ嬢専用手帳 Club Diary
▲多くの有名TV番組が紹介したキャバ嬢手帳▲
例えば⇒「月曜から夜ふかし」の放送
キャバ嬢専用手帳 Club Diary
DMMオンラインサロン 水商売の成功者を輩出する「夜蝶の部屋」
▲二人のノウハウを伝授します▲

横浜のバー「Cadia」のロゴ
Club Diaryの代表が経営する横浜のバー「Cadia」
▲僕が経営しているお店!遊びにきて!▲


川野 剛志 (Takeshi Kawano)

株式会社Ligna. 代表取締役

僕はキャバ嬢・ホステス手帳を作りました( ˙-˙ ) /
DMMオンラインサロンの講師もやってます( ˙-˙ ) /

ずっとNo.1ホストだった経験と、オーナーだった長い指導経験から、水商売に役立つ内容を出し惜しみなく大解放します!!
ホスト時代のことやキャバ手帳を作った経緯など書いてるので、詳しいプロフィールも見てくださいね!

⇒詳しいプロフィールを見る

新着記事

カテゴリー一覧


メッセージ&コンセプト

日本人だけでも約1億人。ということは1億タイプの性格・趣味・好みなどがあるということ。
全て一致はありえない。そして同じタイプの客もいない。
その1人の客は1億タイプ中の1タイプであって、同様に接客する側だって1億タイプ中の1タイプです。
あなたのお客様のことも知らずに、...

【キャバサポ】Club Diaryのマイナンバー対策 確定申告をサポート
【キャバサポ】Club Diaryのマイナンバー対策 確定申告をサポート
【キャバサポ】Club Diaryの昼職求人 水商売引退後の転職をサポート
水商売の参考書 キャバ嬢の指名に関する記事まとめ
水商売の参考書 キャバ嬢の営業に関する記事まとめ
水商売の参考書 キャバ嬢の接客に関する記事まとめ
水商売の参考書 キャバ嬢の記録に関する記事まとめ
水商売の参考書 キャバ嬢の思考や心得に関する記事まとめ


Link

おっぱいを大きくする最終手段

ブログランキング

☆ おかげさまでPVランキング No.1 ☆

いいね!してね(*’∀’人)