Club Diaryの効果と口コミや、仕事術などをキャバ嬢に取材した記事 クラブダイアリーのキャバ嬢サポートサービス「キャバサポ」 こんな投稿型のラインやメールを送っていませんか?
 

【No.1の凄さ】ナンバー1キャバ嬢を目指すなら「No.1を知ること」がスタート!

LINEで送る
Pocket

 

0e90c85ea4c3476faec05002be914f49_s

 

 

こんにちは。川野です。

 

 

さて、今更のことですが「No.1」って、どう思います?

「No.1」は「競争に勝ったTOPだから凄い」というのは明らか。

しかし、もっと深く考えてみれば本当の凄さはもっとあります。 

今日は「No.1の凄さ」について書いてみます。

 

 

 

 - 真のNo.1とは –

 

さて、 自論ですが

「何度かNo.1になったことがある」
「1年のうち半分くらいはNo.1」

 

これは、、、「No.1」ではありません。  

「先月のNo.1」です。

 

当店の 『No.1キャバ嬢』
当店の『No.1ホステス』
当店の『No.1ホスト』

と、人々に呼んでもらっても良くて、
自称しても良いのは、
長期間、継続してNo.1でいる人だけです。

これが真のNo.1であり、「当店のNo.1」です。

 

No.1を目指すということは、
現王者をやっつけて座を奪うことになります。

そしてそれを達成したならば、まだ次があります。

1番になったら、 絶対に1番を譲ってはならない ということです。

 

もし譲ってしまっても許されるのは、強いライバルの誕生月のみ。

それがNo.1です。

 

「譲ってはいけない」 とは、他人から言われて守ることではありません。

1番になった本人が必ず思うことなんです。
(中には一度きりのNo.1で納得の人もいますが…)  

 

そして、周囲からの視線も気になり始めます。

「まぐれ?」
「今月も1番とれる?」

言葉で直接言われなくても、 お客さんや仲間からいつも見られている感覚になります。
もしかすると被害妄想の部分もあるかもしれません。

それだけプレッシャーを感じているということです。

寝ても覚めても数字のことばかり考えてしまいます。

 

僕の場合、目を閉じると数字がや記号がウヨウヨと無造作に動く映像が表れ、 眠るに眠れないことが多くありました。
(長くNo.1を続けていると慣れてきて、それはなくなりました)

これは、それだけTOPを続けようとする意志がある証拠です。

このように、 No.1には、なってみなければ分からない精神的苦痛があります。

それを耐え、乗り越え、
継続してTOPでいる「No.1」は凄いのです。
 

 

 

     

 

 

 

 - No.1はNo.1 –

 

この「真のNo.1」をふまえて
さらに「No.1の凄さ」があるのですが… 質問です。

 どんな地域で、
 どんな店に在籍してて、
 そこでどれくらいの売上げや指名があるNo.1が一番凄いと思いますか?    

 

この質問に

有名な繁華街で●●円」
有名な店で●●円」
「盛況している店で●●円」
キャストが多い店で●●円」

などと大抵の人は答えます。

 

しかし僕から言わせれば、No.1は全て同じです。

 

どの環境下でも、1番は1番

どの環境下でも、No.1になることは同等に凄いことだと思います。  

 

「有名な繁華街で・・・」 などの環境でNo.1になることはもちろん凄い。

実力ある子が色んな地方から集まりライバルが多く、勝つことは大変です。

店に大勢いる中で1番になることも大変。とても凄いことです。

 

しかし、、、 そうではない環境でTOPになることも、とっても大変なのです。

何故なら 有名でにぎわっている繁華街や店 または キャストが多い店  などと比べて、

・街によって経済的な客層に違いがある
・だから顧客単価などが低い場合も…

・街に訪れている人口が違う
・だから新規の集客のしやすさが違う
・ということはチャンスの数が違う

・キャストの人数に比例して、入店させられる客数が違う

・店の方針の違いで広告宣伝量に違いがあって、露出度が違う

 

などなど、 小さい規模で人数が少ない方が簡単に勝ち上がれると考えてしまいがちですが、
実は大変な中での1番だ、ということが分かると思います。

 

どのような規模・環境のもとで No.1目指すにしても、
メリットとデメリット、両方あるのです。

だから「No.1はNo.1」。
違いはないのです。

 

 

 

   

 

 

何故、こんなことを書いたかというと、
これからNo.1を目指す人には、まず認めてほしいと思うからです。

何を認めるかというと

今は No.1の人に負けている ということ

 

あなたの店の現No.1に対して好き嫌いはあると思います。
しかしその感情は抜きで、No.1を尊敬し、自分が劣っていることを認めることが必要です。

負けを認めることが「No.1を目指す道」のスタート です。

 

認めることが出来れば、
No.1が持つ技術で
超えるべきところ、
真似るべきところ、
自分なりのオリジナリティーで立ち向かうべきところ

色々なところが見えてきます。

 

下の者を見ず、上の者を見て取り組むことが重要です。

それにはまず、No.1の凄さを認めて、心から尊敬して、本心で認めること、これが必要です。

そしてその「尊敬すべき王座」に、
あなたが座ってやるんだ!という野心をもって頑張ってもらいたいのです。

 

No.1でなければ味わえない、良いことが沢山あります。

お水をやったなら目指してほしい「No.1の座」です。  

 

Takeshi Kawano.

 

 


   

[僕が作った商品]
▼ -水商売手帳- Club Diary▼
http://www.clubdiary.jp/

 

▼ -美容師手帳- S for▼
http://sfor.jp/

 

[通販]
▼ -キャバ嬢ホステスの通販- Night Mall▼
http://www.night-mall.com/

 

    ブログランキング・にほんブログ村へ      

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「水商売の参考書」をフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

(投稿日:2014年08月26日)

【Team Omizu Book】クラブダイアリーのキャバ嬢・ホステスの通信講座 メルマガ登録はこちら
↑僕からのプレゼントがあります!!↑


こんなことやってる人!

キャバ嬢専用手帳 Club Diary
キャバ嬢専用手帳 Club Diary

多くの有名TV番組が紹介したキャバ嬢手帳
例えば⇒「月曜から夜ふかし」の放送
キャバ嬢専用手帳 Club Diary
DMMオンラインサロン 水商売の成功者を輩出する「夜蝶の部屋」

間違った接客や営業をしていませんか?

【キャバサポ】Club Diaryのマイナンバー対策 確定申告をサポート
【キャバサポ】Club Diaryの昼職求人 水商売引退後の転職をサポート

川野 剛志 (Takeshi Kawano)

株式会社Ligna. 代表取締役

  • 「Club Diary」代表&開発者
  • 「夜蝶の部屋」講師(DMM.comサロン)

僕はキャバ嬢・ホステス手帳を作りました( ˙-˙ ) /
DMMオンラインサロンの講師でもあります( ˙-˙ ) /

このサイトでは、ずっとNo.1ホストだった経験と、オーナーだった指導者の経験から、水商売に役立つ内容を出し惜しみなく、大解放します!!
がんばって書くので、あなたもお仕事がんばってください(*'▽')でも体には気を付けてください(*‘∀‘)
ホスト時代のことやキャバ手帳を作った経緯など書いてるので、詳しいプロフィールも見てくださいね!

⇒詳しいプロフィールを見る

  

 

30Days 人気記事TOP10

【会話が苦手・・・】会話が仕事の水商売。 元々会話下手な人だって「会話」を理解すれば大丈夫!

2015/01/27 に投稿された

【希少価値を上げる指名客の呼び方】 どうせ呼ぶならあなたの価値をあげながら集客を!※誘い方ではないです

2016/05/11 に投稿された

【誕生日「呼ぼうとしすぎ」てませんか?】 誕生日に苦しめられる水商売って…なんでしょ

2015/12/21 に投稿された

【店外デートに誘われるのが嫌…】 本指名が入って間もないのに…

2016/04/01 に投稿された

【特別公開!】会話を終わらせる会話(①反論をする)|「夜蝶の部屋」投稿記事を一部紹介

2017/11/04 に投稿された

【こんな投稿型のラインやメールを送っていませんか?】呼べるキャバ嬢の営業連絡は自己アピール10%以下

2017/02/16 に投稿された

【指名を続けてもらう方法の一つ】心の闇に付け込む小悪魔キャバな接客

2016/07/18 に投稿された

【枕営業ってダメなこと??】キャバ嬢の枕営業について真剣に語ってみたよ

2015/07/05 に投稿された

【お礼メール&電話の必要性って何?】 単にキャバの「常識」だからじゃない!お金を使うときの心理を知って顧客を維持!

2016/08/24 に投稿された

【No.1の凄さ】ナンバー1キャバ嬢を目指すなら「No.1を知ること」がスタート!

2014/08/26 に投稿された

新着記事

カテゴリー一覧


メッセージ&コンセプト

日本人だけでも約1億人。ということは1億タイプの性格・趣味・好みなどがあるということ。
全て一致はありえない。そして同じタイプの客もいない。
その1人の客は1億タイプ中の1タイプであって、同様に接客する側だって1億タイプ中の1タイプです。
あなたのお客様のことも知らずに、...



Link


【男正直すぎw】
元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、
『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww


サイト内を検索

ブログランキング

☆ おかげさまでPVランキング No.1 ☆

いいね!してね(*’∀’人)